後期高齢者医療制度 被保険者証、加入手続き

更新日:2017年08月31日

加入手続き

後期高齢者医療被保険者証は、市役所から加入される方のご自宅へ郵送します。

75歳を迎えることにより加入される方は、加入手続きは自動的に行いますので、特にお手続きはありません。ただし、以前の健康保険等の資格喪失手続きが必要な場合があります。詳しくは各保険者まで問い合わせてください。

障がいがある方

65歳から74歳の方で、身体障害者手帳1級から3級の交付を受けているなどの一定の障がいがある方は、加入を希望したい旨申し出ていただく必要があります。該当される方にはご案内を郵送します。

扶養されていた方

今まで社会保険や健康保険組合、共済組合などの被用者保険に被保険者本人として加入されていた方が後期高齢者医療に加入された場合、扶養されていた方も同時に今までの健康保険の資格を喪失することとなります。そのため、扶養されていた方も、『他の家族の被扶養者となる』、『国民健康保険に加入する』など、新たに健康保険に加入するお手続きが必要となります。

保険証を紛失したり、破損した場合

保険証を紛失したり、破損した場合は、市役所にて手続していただくことにより再発行いたします。盗難の場合は、各自で最寄の警察署に届出をしてください。

保険証の更新手続きが必要な場合

次に該当される方は、保険証の更新手続きが必要な場合があります。

  1. 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、保険証の有効期限が手帳の有効期限までになります。手帳の更新の際には届出が必要です。
  2. 外国人の方は、保険証の有効期限が在留資格の有効期間の終わりまでとなります。在留資格の更新や、出国などの際には届出が必要です。

保険証の発行(更新)

保険証は、毎年8月1日から翌7月31日までの1年単位で発行(更新)します。毎年7月下旬に新しい保険証を郵送します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課 医療係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1128 ファクス番号:0568-76-4595

お問い合わせはこちらから