ジェネリック医薬品を活用しましょう!

更新日:2017年08月31日

ジェネリック医薬品とは

先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に、有効成分や効能などがほぼ同じ医薬品として申請され、厚生労働省の認可のもと製造・販売されているものです。先発医薬品よりも一般的に安価で、本人の医療費負担が下がり、医療費の適正化につながります。

ジェネリック医薬品を希望されるときは、医師または薬局に利用希望を伝えるとともに、被保険者証にジェネリック医薬品希望シール(被保険者証送付時に同封しています。)を貼って提示してください。

(注意)全ての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。また、薬の種類によって薬価は異なりますので、医療機関などに相談してください。

ジェネリック医薬品希望シールを交付します

保険年金課の窓口でジェネリック医薬品希望シールを交付しております。ご希望の方はお申出ください。
また、被保険者証送付時にも、ジェネリック医薬品希望シールを同封しています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課 国保係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1123 ファクス番号:0568-76-4595

お問い合わせはこちらから