住宅改修費受領委任払い制度について

更新日:2017年12月20日

要介護(要支援)認定を受けている方が住宅改修を行う際に、一時的な負担を軽減する制度です。

小牧市住宅改修費受領委任払い制度について

平成20年4月1日から小牧市住宅改修費受領委任払い制度が始まりました。

この制度は、介護保険要介護(要支援)認定を受けている方(利用者)が住宅改修を行う際に、費用の全額を利用者が一旦支払う「償還払い制度」と異なり、利用者があらかじめ市に登録のある住宅改修施行事業者に介護保険住宅改修を依頼する場合に、費用額の自己負担分(1割又は2割)のみを支払う方法で、これにより利用者の一時的な負担を軽減します。残り9割又は8割の保険給付分は利用者から受領に関する委任を受けた住宅改修施行事業者に市から直接支払います。

小牧市住宅改修費受領委任払い制度の利用をお考えの際は、事前に住宅改修施行事業者にご相談ください。

注意事項

  • 住宅改修の支給の対象金額は20万円です。
  • 要介護(要支援)認定申請中の方、医療機関及び介護保険施設に入院・入所中の方はご利用できません。
  • すでに施行された住宅改修については対象となりません。必ず着工前に事前申請をしてください。
  • 住宅改修施行事業者の市への登録は随時行っています。
  • 「償還払い制度」も今までどおり利用できます。

住宅改修費受領委任払い制度取扱事業者一覧(平成29年11月30日現在)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 介護保険課 給付指導係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1153 ファクス番号:0568-76-4595

お問い合わせはこちらから


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。