小牧市不育症治療等助成事業

更新日:2017年09月06日

平成29年度より小牧市不育症治療等助成事業をはじめます。

対象者

次のいずれにも該当する方です。

  1. ご夫婦またはいずれか一方が申請日において小牧市内に住民登録のある方
  2. 婚姻届を出されているご夫婦
  3. 医療保険各法における被保険者、組合員またはその被扶養者である方
  4. ご夫婦の双方が市税(市県民税及び固定資産税)及び国民健康保険税を滞納していない方
  5. 産科、婦人科、産婦人科を標榜する医療機関において、不育症と診断され、不育症検査・治療を受けられた方
  6. その他、市長が必要と認めた方

補助金を受けることができる医療行為

  • 不育症検査
  • 不育症治療

(注意)保険適用外の検査や治療に関して補助します。保険適用の治療等、または差額ベッド代や食事代及び文書料等の治療に直接関係のない費用は補助できません。

なお、治療の効果を確認する検査に関しては補助対象となります。

補助期間及び補助金額について

  1. 1夫婦、1回の治療につき15万円を限度として、治療を受けられた医療機関で医師の認めた治療の自己負担分を補助します。
  2. 治療開始から治療終了までを1回の申請とし、5回まで補助します。

その他

  • 本市に転入した場合は転入日以降の治療分が補助の対象となります。
  • 他市へ転出される方は、転出前に申請を済ませてください。(転出日以降は補助することが出来ませんのでご注意ください)
  • 第2子目以降も補助対象となります。

申請手続き

治療が終了してからの手続きになります。所定の書類がありますので、あらかじめ手続きについてお問い合わせください。

申請書類は保健センター窓口でお渡しいたします。また、下記に様式を掲載しておりますので、各自印刷してご使用ください。

なお、申請時に領収書の原本が必要となりますので、申請される治療費の領収書は必ず保管しておいてください。

補助対象は平成29年4月1日診療分からになります。

添付ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0568-75-6471 ファクス番号:0568-75-8545

お問い合わせはこちらから


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。