秋の全国交通安全運動

更新日:2017年08月31日

平成26年9月21日(日曜日)から9月30日(火曜日)までの10日間

平成26年9月30日 マイカー点検教室

愛知県自動車整備振興会小牧市部が主催する「マイカー点検教室」が、小牧勤労センターで開催されました。53名の参加があり、マイカーの日常点検の仕方、もしものときのブースターケーブルの接続法や発炎筒の使い方などを実習を通して学んでいただきました。

マイカー点検実習
発炎筒の使い方

平成26年9月27日 高齢者とお孫さんの歩行コンテスト

小牧市自動車学校の一日開放日を利用して、地域の高齢者とその孫を対象とした「歩行コンテスト」を実施しました。12組の祖父母と孫、母と子どもの参加があり、子どもたちは保護者の方に手をつないでもらい、「手を上げて」「横断の前に右左を見て」などと声をかけてもらいながら、元気にコースを歩いていました。

高齢者と孫の歩行コンテスト
高齢者と孫の歩行コンテスト
パトカー乗車体験
歩行コンテスト講評

平成26年9月26日 シートベルト着用徹底キャンペーン

ラピオ近くの小牧三丁目東交差点で「シートベルト着用徹底キャンペーン」を実施しました。交差点では小牧警察署の警察官が警笛を鳴らして交通監視を行い、赤信号でドライバーが車を停止させると、交通安全指導員や市民団体のみなさんが啓発品を渡して「全席シートベルト着用」を呼びかけました。

シートベルト着用徹底キャンペーン
ドライバーへ啓発品配布

平成26年9月24日・25日 交通安全啓発活動

24日と25日の朝、愛知県内17の警察署管内で一斉に「交通安全啓発活動」が行われました。大手損保会社と愛知県警のタイアップ事業で、道行く人に自転車の安全運転を啓発する「自転車安全シール」を配布しました。小牧市では小牧駅で実施され、シールを自転車のハンドルに貼って気をつけて運転していただくよう呼びかけました。

自転車啓発シール配布
自転車啓発シールと啓発チラシ

平成26年9月22日 飲酒運転根絶・危険ドラッグ追放キャンペーン

田県神社前の県道で、交通安全指導員や市民団体のみなさんが参加して街頭キャンペーンを行いました。「飲酒運転根絶」を訴えるとともに、各地で危険ドラッグを使用しての危険運転がはびこり、その結果悲惨な交通死亡事故も起きている昨今の状況をかんがみ、「危険ドラッグの追放」も呼びかけました。

飲酒運転根絶
危険ドラッグ追放

平成26年9月21日 高齢者交通安全教室

西之島会館で地元の老人クラブのみなさんを対象に、交通安全教室を実施しました。小牧警察署の警察官による交通情勢解説や交通安全講話の後、DVDの映像で「こういう自転車の乗り方・歩行時の行動が危ない」ということを見ていただきました。

高齢者交通安全教室

平成26年9月19日 交通安全宣言及び街頭キャンペーン

秋の全国交通安全運動開始に先立ち、南スポーツセンターで「交通安全宣言及び街頭キャンペーン」を実施しました。小牧警察署から一日女性警察官に委嘱された市内の交通安全優良事業所職員5人が交通安全宣言を行った後、参加者全員で小牧市特産の梨を持ち、「交通死亡事故なし(梨)!」「子どもと高齢者の事故なし(梨)!」などと力強く誓いました。

さらに、北側県道で一日女性警察官を先頭に街頭キャンペーンを行い、信号で停止した車のドライバーにも梨を渡して安全運転を呼びかけました。

一日女性警察官の交通安全宣言
交通死亡事故なし(梨)宣言
交通死亡事故なし(梨)配布
街頭キャンペーン
この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民安全課 交通防犯係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1137 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから