【平成26年】交通安全運動以外の交通安全教室・キャンペーンなど

更新日:2017年08月31日

平成26年12月22日 村中小学校一斉下校見送り

終業式のこの日、村中小学校では一斉下校に合わせて小牧警察署の警察官による交通指導と見送りが行われ、家に帰るまで充分車に気をつけることのほか、冬休み中の無事故を児童に呼びかけました。
また、小牧警察署では、この日の朝にも署員が市内全25小中学校付近の交差点に立ち、交通監視と児童・生徒の登校見守りが実施されました。

(写真)冬休み中の無事故の呼びかけ
(写真)児童の見送り

平成26年11月25日、26日、27日 “こまっきー”の交通安全呼びかけ

交通安全応援サポーターのこまっきーが市内の幼稚園・保育園を訪問し、園児たちに交通事故への注意などを呼びかけました。

25日:市之久田幼稚園
26日:名北ゼンヌ幼稚園
27日:美鳥幼稚園

(写真)こまっきーの交通安全呼びかけ(1)
(写真)こまっきーの交通安全呼びかけ(2)

平成26年11月20日 統一イメージによる啓発キャンペーン

小牧警察署と協力し、ドライバーの法令違反や危険運転の一掃を呼びかける街頭啓発キャンペーンをラピオ前の交差点で実施しました。これは、愛知県の統一デザインイメージを使用して県内挙げて行う啓発活動のひとつで、小牧市を含む県内10市町村で11月を中心に実施されました。

(写真)街頭啓発キャンペーン
(写真)統一イメージ(法令違反・危険運転の根絶)

平成26年11月20日 村中小学校一斉下校見送り

村中小学校の一斉下校の際、先生や通学路パトロールボランティアなどのみなさんとともに小牧警察署の警察官が付き添い、車に注意して登下校するよう児童たちに声かけが行われました。

(写真)一斉下校見送り(1)
(写真)一斉下校見送り(2)

平成26年11月19日 陶保育園交通安全教室

陶保育園で実施した交通安全教室では、年少組以上の園児たちが愛知県警交通安全教育チーム「あゆみ」の警察官と一緒に交通安全について学びました。園児たちは「道路で遊ばない」「車が来ないかよく見て横断歩道を渡る」ことなどを再確認し、きちんと守ることを警察官や先生たちと約束しました。

(写真)手を挙げて横断歩道を渡ろう
(写真)正しくヘルメットを着用しよう

平成26年11月14日 小牧小学校交通安全教室

小牧小学校で愛知県警交通安全教育チーム「あゆみ」の交通安全教室が行われ、1年生から6年生まで約770人が参加しました。児童たちは、「あゆみ」の警察官の実演で車の死角や制動距離などを学習したほか、「止まる」「見る」「待つ」といった横断時の注意を守ることを全員で約束しました。

自動車の死角の写真
交通安全講話の写真

平成26年11月13日 高齢者自転車愛知県大会

名古屋市港区の名古屋市国際展示場で、愛知県交通安全協会が主催する高齢者自転車大会が開催されました。愛知県全域から46チーム230人(補欠選手含む)の65歳以上のみなさんが出場し、自転車の安全運転技能を競いました。小牧市の代表チームは日ごろの練習の成果を発揮し、1名が個人の部で入賞(5位)しました。

小牧市代表選手競技の写真
表彰式の写真

平成26年11月6日、7日、10日 “こまっきー”の交通安全呼びかけ

交通安全応援サポーターのこまっきーが市内の幼稚園・保育園を訪問し、園児たちに交通事故への注意などを呼びかけました。

6日:美鳥第二幼稚園
7日:外山幼稚園
10日:第三保育園

こまっきーの交通安全呼びかけの様子の写真1
こまっきーの交通安全呼びかけの様子の写真2

平成26年11月6日 小牧原小学校(放課後子ども教室)交通安全教室

小牧原小学校の放課後子ども教室の児童約40人に対し、交通安全・防犯教室を実施しました。児童たちは約1時間、講話や学習用DVDの視聴を通し、交通事故や犯罪被害にあわないために気をつけることを楽しく学習しました。

交通安全のお話の写真

平成26年10月29日 北里小学校交通安全教室

自転車の安全な乗り方や交通ルールを学習する交通安全教室が、全校児童を対象に行われました。交通安全教育チーム「あゆみ」と小牧警察署の警察官が講師となり、実演も交えて正しい自転車の乗り方を児童たちに教えてくれました。

(写真)交通安全講話
(写真)自転車の正しい乗り方

平成26年10月27日、28日、29日 “こまっきー”の交通安全呼びかけ

交通安全応援サポーターのこまっきーが市内の幼稚園・保育園を訪問し、園児たちに交通事故への注意などを呼びかけました。

27日:太陽幼稚園、あおぞら幼稚園
28日:第一幼稚園、大城保育園、桃花台ひまわり幼稚園、旭ヶ丘第2幼稚園、北里保育園
29日:三ツ渕北保育園、本庄保育園

(写真)こまっきーの交通安全呼びかけ1
(写真)こまっきーの交通安全呼びかけ2

平成26年10月23日 山北保育園交通安全教室

愛知県警の交通安全教育チーム「あゆみ」と小牧警察署の警察官が山北保育園に来園し、交通安全教室が行われました。園児たちは人形劇を通して交通ルールを勉強したほか、正しいヘルメットの着け方なども教わりました。

(写真)園児への交通安全のお話
(写真)パトカー展示

平成26年10月21日 高齢者交通安全教室

元町会館で老人クラブのみなさんを対象に交通安全教室を実施しました。交通安全講話では「ハンド・アップ運動」(「歩行者は手を挙げて横断歩道を渡ることでドライバーに存在をアピールし、ドライバーは横断者を見かけたら一時停止して横断を助けること」を推奨する運動)について話すなど、安全な横断を呼びかけました。

(写真)高齢者交通安全教室

平成26年10月11日 安全なまちづくりフェア

桃花台のピアーレで、小牧警察署と財団法人桃花台センターが主催する「安全なまちづくりフェア」が開催されました。イベント会場では、交通安全と防犯に関する啓発・展示、住宅防犯を目的としたガラス割り実演などのほか、小牧戦国少女隊のステージ、愛知県警察音楽隊の演奏も行われました。

(写真)安全なまちづくりフェア
(写真)小牧戦国少女隊のステージ
(写真)愛知県警察音楽隊のステージ
(写真)交通事故と犯罪の防止に関する展示

平成26年10月11日 高齢者交通安全教室

地元の老人クラブの方50人を対象に、西町会館で交通安全教室を行いました。自転車に乗るときや街中を歩くときなど、交通事故にあわないために気をつけることを勉強してもらうとともに、反射材を配布して積極的な着用を勧めました。

また、振り込め詐欺の手口や被害状況についてもお話し、注意を呼びかけました。

(写真)交通安全講話

平成26年10月10日 交通事故防止及び安全なまちづくりの推進に関する街頭啓発活動

アピタ小牧店の前で、交通事故の防止と犯罪のないまちづくりを啓発するキャンペーンを実施しました。本キャンペーンは愛知県の呼びかけにより行われ、県・市の職員と小牧警察署の警察官が、アピタ利用者のみなさんに啓発資材やリーフレットを配布して「安全運転」「一時停止遵守と安全確認」「振り込め詐欺などへの注意」「子どもや女性の犯罪被害防止」などを呼びかけました。

(写真)街頭啓発活動1
(写真)街頭啓発活動2

平成26年10月7日 村中小学校交通安全教室

村中小学校で全校児童が参加する交通安全教室が行われました。小牧に事業所を置く運送会社に協力していただいたトラックや自転車などを使った実演により、道路への飛び出しがどれだけ危険か、自転車の2人乗りはなぜ危ないかなどを児童たちに勉強してもらいました。

(写真)交通安全講話
(写真)危険な自転車2人乗り

平成26年10月3日 光ヶ丘小学校交通安全教室

愛知県警の交通安全教育チーム「あゆみ」と小牧警察署から3人の警察官に来ていただき、光ヶ丘小学校で交通安全教室を実施しました。

自動車やダミー人形などを使った実演により、児童たちに「自動車はブレーキを踏んでもすぐに止まれないこと」「内輪差や死角があること」などを実際に見てもらい、注意するよう呼びかけました。

(写真)自動車の死角
(写真)自動車の制動距離

平成26年10月2日 陶小学校(放課後子ども教室)交通安全教室

陶小学校の放課後子ども教室において、低学年の児童を対象に交通安全教室を実施しました。実際の交通事故を例に「どうして事故が起きたか」「事故にあわないために気をつけることは何か」などを話したほか、パネルや腹話術を使った講話、DVDによる自転車の交通ルールの学習を行いました。

(写真)交通安全の約束
(写真)交通事故のお話

平成26年9月15日 高齢者交通安全教室(敬老会)

「敬老の日」のこの日、東田中と大草の2か所で開催された敬老会で交通安全教室を実施しました。小牧警察署の警察官による小牧市の交通情勢の解説のほか、まだまだお元気なお年寄りのみなさんに徒歩や自転車で外出する際に気をつけなければならないことなどをお話ししました。また、振り込め詐欺などの特殊詐欺に注意するよう呼びかけも行いました。

(写真)東田中三ツ山会館での交通安全講話
(写真)大草会館での交通安全講話

平成26年9月13日 交通安全教室(味岡地区ボランティアの集い)

味岡市民センターで「味岡地区ボランティアの集い」が開催され、約200名の参加者が集まりました。そのプログラムの一つとして交通安全教室を実施し、警察官の交通安全講話や歩行シミュレーターの体験などを行いました。

歩行シミュレーターの体験では、横断歩道を渡るときに気をつけることや、横断歩道のないところを横断するのは危ないということなどを、体験を通して実感していただきました。

(写真)交通安全講話
(写真)歩行シミュレーター体験

平成26年9月10日 三ツ渕小学校交通安全教室

三ツ渕小学校で全校児童を対象に、交通安全教室を実施しました。愛知県警の交通安全教育チーム「あゆみ」と小牧警察署の警察官によって様々な実演が行われ、数名の児童も前に出て参加しました。

実演では、警察官が実際に自動車を走らせて制動距離(ブレーキをかけてから完全に停止するまでの間に走る距離)の長さを児童たちに見てもらったほか、自動車の内輪差(曲がるときに後輪が前輪より内側を通ること)やミラーの死角の大きさなども見てもらいました。児童たちは自動車の怖さをよく理解し、「飛び出しは絶対にしない」など、交通事故にあわないために気をつけることを約束してくれました。

(写真)交通安全講話
(写真)内輪差の説明

平成26年8月1日 交通死亡事故多発に伴う緊急アピール行動

小牧市内で7月22日、23日、30日に交通死亡事故が続けて発生したことを受け、「緊急アピール行動」を実施しました。小牧市長及び小牧警察署長が市職員や小牧警察署員らに「率先した安全行動」「いっそうの交通事故防止に向けた取り組み、啓発」等の訓示を行った後、白バイやパトカー、市公用車が市内パトロールに出発しました。

(写真)市長訓示
(写真)警察署長訓示
(写真)白バイ出発
(写真)パトカー出発

平成26年7月9日 篠岡保育園交通安全教室

愛知県警交通安全教育チーム「あゆみ」と小牧警察署の警察官に来てもらい、篠岡保育園で交通安全教室を実施しました。園児たちは、パネルや腹話術を使った講話を通し、「チャイルドシートを必ず着用する」ことや、事故にあわないために「きちんと歩道を歩く」こと、「広がって歩かない」ことなどを勉強しました。

(写真)腹話術の交通安全講話

平成26年7月2日 陶保育園交通安全教室

“こまっきー”が交通安全応援サポーターの広報活動のため、陶保育園の交通安全教室に登場しました。こまっきーが小牧警察署の警察官と一緒になって交通安全のクイズを出すと、園児たちは元気に答えていました。

(写真)こまっきー交通安全クイズ

平成26年6月20日 “こまっきー”交通安全応援サポーター委嘱式

小牧市マスコットキャラクター“こまっきー”が愛知県警の交通安全応援サポーターに委嘱され、20日に市役所で委嘱式がありました。こまっきーは山下市長と一緒に式に出席し、小牧警察署の青山署長から委嘱状とたすきを受け取りました。

こまっきーは「小牧市民の交通安全のためにがんばります!」との抱負を示し、サポーターとして交通安全広報活動を積極的に行っていくことを誓いました。

その後、こまっきーは山下市長と青山署長とともに市役所内を回り、来庁した方に啓発品を渡してさっそく交通安全をPRしていました。

(注意)市民安全課のフェイスブック「こまき安全安心だより」では、委嘱式の様子を動画で公開しています。小牧市ホームページトップの「こまき安全安心だより」から入ることができます。

(写真)こまっきー委嘱
(写真)こまっきー抱負
(写真)こまっきー、市長、署長が市役所巡回
(写真)こまっきーと市長、こどもに交通安全啓発

平成26年6月6日・10日 “こまっきー”交通安全キャンペーン

アピタ小牧店前に小牧市マスコットキャラクター“こまっきー”が登場し、交通安全キャンペーンを行いました。こまっきーは、サイン板を持ったり小牧警察署の警察官と一緒に反射シールを配ったりして、アピタに来た方に「高齢者と子どもを交通事故から守ろう」とPRしました。

また、6日のキャンペーンでは、少年補導員のみなさんが参加した「暴走族追放」の呼びかけも併せて行われ、こまっきーはそのPRにも一役買っていました。

(写真)こまっきー交通安全PR
(写真)街頭キャンペーン反射シール配布

平成26年5月30日 陶保育園・チャイルドシートモデル園委嘱

チャイルドシートの着用徹底を地域へ発信してもらうため、小牧警察署から陶保育園へ『チャイルドシート着用徹底モデル保育園』の委嘱が行われ、賀田野園長が保育園を代表して委嘱状を受け取りました。

チャイルドシートを着けていなかったために悲惨な結果になってしまう事故は、未だ後を絶ちません。陶保育園では、着用徹底を啓発する交通安全教室を開催したり、保育士たちから折に触れて保護者の方へ着用を呼びかけていただいたりするなど、来年3月までモデル園として活動します。

(写真)チャイルドシートモデル園委嘱状交付

平成26年5月28日・29日 美鳥幼稚園・美鳥第二幼稚園交通安全教室

28日に美鳥幼稚園、29日に美鳥第二幼稚園で交通安全教室が行われ、それぞれ約300人、360人の園児が参加しました。小牧警察署や愛知県警交通安全教育チーム「あゆみ」から来てくれた警察官から、横断歩道は「青になってから」「右、左、右を見て車が来ないか確かめて」渡ることなどを教えてもらった後、園児たちは園庭に設置した信号機セットを使ったり、幼稚園の周りの道を実際に歩いたりして横断歩道の渡り方を勉強していました。

(写真)警察官のお話
(写真)横断歩道渡り方体験

平成26年5月27日 東海ゴム工業株式会社交通安全教室

東三丁目の東海ゴム工業株式会社で実施した交通安全教室では、中国からの研修生15人が参加して日本の交通ルールを勉強しました。交通安全講話や北京語のDVDによる講義を通して交通標識の意味や自転車・歩行者の通行ルールなどを学び、日本での生活に役立てようというものです。研修生たちは真剣な表情で講義に耳を傾けていました。

(写真)警察官の交通安全講話
(写真)北京語DVD講義視聴

平成26年5月20日 平成26年度小牧交通安全指導員委嘱状交付式

小牧警察署講堂において小牧交通安全指導員委嘱状交付式が行われ、1人ずつ委嘱状が手渡されました。交通安全指導員のみなさんは、子どもたちの登下校の見守り、交通安全県民運動や交通安全キャンペーンへの協力など、小牧市の交通安全推進のため、日々活動されています。

(写真)小牧警察署長あいさつ
(写真)委嘱状交付

平成26年5月19日 米野小学校交通安全教室

校区の交通安全指導員のみなさんに来てもらい、米野小学校で交通安全教室を開催しました。1年生の児童181人を対象に、楽しく交通ルールが覚えられるようクイズ形式で交通安全講話をしてもらいました。

(写真)クイズで交通安全講話

平成26年5月14日・15日 誉高校交通安全教室・自転車啓発活動

5月14日、誉高校において交通安全教室を行いました。愛知県警察の交通安全教育チーム「あゆみ」に来てもらい、生徒のみなさんに自転車の2人乗りはしないこと、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を運転しないことなどを話していただきました。

また、翌15日にも誉高校駐輪場において、自転車通学の生徒さんに光るキーホルダーを配布するとともに、自転車を運転するときは歩行者に配慮すること、自転車の鍵は二重ロックが望ましいことなどの声かけを行いました。

(写真)誉高校交通安全講話
(写真)誉高校自転車啓発活動

平成26年5月9日 交通安全教室

愛知県警察の交通安全教育チーム「あゆみ」が、農協女性部のみなさんに交通安全教室を行いました。傘差し運転などの危険運転はしないことや、暗くなったらすぐライトをつけることなど、自転車の交通ルールについてパネルなどを使い、分かりやすく解説していただきました。

(写真)交通安全教室

平成26年5月9日 自転車啓発活動

小牧駅西駐車場前の歩道において、自転車に乗った通行者に反射材を配布し、「自転車を運転するときは気をつけてください」などと声をかけて自転車の安全運転の啓発を行いました。

(写真)自転車通行者への声かけ
この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民安全課 交通防犯係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1137 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから