防災頭巾

更新日:2017年08月31日

災害発生時において、頭部を保護するための簡易防具です。

防災頭巾の概要

防災頭巾は、頭部を保護するための簡易防具です。普段は、座布団や枕などに使用することもでき、防災頭巾の中にバスタオルやお金などを縫い込んでおくことによって災害時の非常持出袋として役立ちます。

小牧市婦人消防クラブで普及活動を行っており、防災頭巾作りを生涯学習課の出前講座で受講することも可能です。

防災頭巾の作り方

用意するもの

  • 大人用:バスタオル、小タオル、ゴミ袋、紙おむつ、パンツ、くつ下、ストッキング、軍手、下着、使い捨てカイロ、絆創膏、小銭、お札、笛、小型ナイフ、常備薬、通帳番号控え、しつけ糸、綿テープ。
  • 子ども用:小タオルのサイズ作成。体格に合わせて、重たくならない程度に工夫する。

作り方

1.バスタオルに必要なものを配置し、しつけ糸でザクザクと縫いつける。(材料が落ちてこない程度でよい)

防災頭巾の作りかたの写真

2.縦長半分に折り、布端を縫う。

防災頭巾の作りかたの写真

3.横長半分に折り、自分の頭に合わせて縫いとめる。

防災頭巾の作りかたの写真

4.布テープ、ポケットをつける。ポケットは、常備薬や自分の氏名・電話番号・血液型などの個人を特定するための情報を載せる。

防災頭巾の作りかたの写真

完成写真(上記写真のものとは違いますが、出来上がりはこのようになります。)

完成写真

完成写真

完成写真
完成写真
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 危機管理課 危機管理係
小牧市役所 本庁舎6階
電話番号:0568-76-1171 ファクス番号:0568-41-3799

お問い合わせはこちらから