平成27年度小牧市生涯学習ボランティアコーディネーター養成講座(伝わる話し方)

更新日:2017年08月31日

生涯学習ボランティアコーディネーター養成講座とは

「生涯学習って何?」「ボランティアには何が必要か?」「誰かの役に立つことをしてみたい!」そんな気持ちを持った方々に対して地域活動を円滑に進めるために、相手に伝わる話し方について全3回の講座を行ないました。受講生の皆さんは、どのように話せば伝えたいことを簡潔に伝えることができるか、人を動かすことができるかなど、いろいろなヒントをつかむことができました。

講座日時・テーマ・講師

講座日時・テーマ・講師の一覧表
日時 テーマなど 講師
2月13日(土曜日) 第1回「初対面、年代の違う人に話す極意」 千田 伸子氏 (元アナウンサー、コミュニケーションアドバイザー)
2月20日(土曜日) 第2回「伝えたいことを簡潔に伝える」 千田 伸子氏 (元アナウンサー、コミュニケーションアドバイザー)
2月27日(土曜日) 第3回「人を動かす説得力」 千田 伸子氏 (元アナウンサー、コミュニケーションアドバイザー

時間:午前10時~午前11時30分

会場:小牧市公民館4階視聴覚室

定員:30名

受講料:450円

対象:18才以上の方

申込:申込は終了しました。

第1回講座の様子

コミュニケーションの基本は、挨拶は自分から―非言語コミュニケーション、自己開示(自分の情報を少し話す)、感応性(気付いて反応する)について具体的な事例をあげての講義がありました。無表情で聞く場合と、相槌を打ちながら聞く場合の違いについて二人一組で実際に行なって、聞き上手な人が人間関係を円滑にすることを学びました。

第2回講座の様子

「何を言いたいか」より「何が伝わったか」を意識するというテーマで、話の中でどの部分が記憶に残るか、受講生に数字の記憶の実験をしながらのお話がありました。自分を印象づける自己紹介について各自150文字以内でまとめた後、グループ内で一人ずつ発表しました。

第3回講座の様子

伝わる話し方の基本、筋道の通った話し方の練習をしました。「なぜこの講座を受けようと思ったか」を(1)理由(2)根拠(3)具体的(4)まとめにしたがって10分程度で書いた後、前で発表しました。

講座の様子1
講座の様子2

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 生涯学習課 社会教育文化係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1166 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから