外国人児童生徒の就学について

更新日:2017年08月31日

日本の学校への入学手続きについて

日本の小学校・中学校について

日本では、小学校6年間と中学校3年間、子どもを学校へ就学させる義務があります。外国籍の子どもは、就学の義務はありませんが、希望をすれば、日本の小学校・中学校で勉強することができます。 教育は、子どもたちの将来にとって、とても大切です。ぜひ、小牧の子どもたちと一緒に勉強し、日本の生活を学びませんか?

  • 日本の学校の1年は、4月1日から翌年の3月31日までです。
  • 学年は、年齢で決められています。4月2日から翌年の4月1日までに生まれた人が同じ学年になります。
  • お子さんの年齢にあった学年に入学することになります。

授業料、教科書代、給食費について

  • 授業料と教科書代は無料です。
  • 給食費、教科書以外の学用品代などは、毎月、支払うこととなります。(およそ小学校5,000円、中学校10,000円)
  • 経済的な理由で給食費等の支払いが難しい方は、給食費等の援助を受けることができる場合がありますので、学校教育課へご相談ください。(すべての方が援助を受けられるわけではありません。)

入学の手続について

  1. 親と子どもの在留カード等を持って、市役所本庁舎3階の学校教育課で小学校・中学校への入学の希望を伝えてください。
  2. 市役所で手続をしたあと、子どもと一緒に入学する学校へ行ってください。

注意事項

  • 入学をする学校を自由に決めることはできません。(住所によって決められています。)
  • 原則として、子どもの年齢にあった学年に入学します。

入学する子どもが、ほとんど日本語がわからないとき

小牧市には、日本語がほとんどわからない、日本の学校のことを知らない児童生徒のために、「にじっこ教室」があります。

『にじっこ教室』

小牧市の小中学校へ入学する子どもで、日本語がほとんどわからない場合に、「にじっこ教室」で約3ヶ月間、集中して日常会話、ひらがな、カタカナ、日本の学校のきまり、習慣などを学ぶことができます。(にじっこ教室終了後は、入学した学校で授業をうけることになります。)

くわしいことは、学校教育課におたずねください。

学校からのお願い

  • 学校を休むとき、遅れて学校へ行くときは、学校へ連絡をしてください。
  • マニキュア、ピアス、化粧をして、学校へは行けません。
  • 食べ物を持っていくことは、できません。
  • 困ったことは、学校の先生に相談してください。

その他

文部科学省ホームページに、7カ国語による詳しい就学案内が公開されています。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 学校教育課 学校教育係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1165 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。