休校中の家庭学習について

更新日:2020年04月24日

休校中の“こまきの学び”応援プロジェクトについて

小牧市では、4月17日から他自治体に先駆けて“オンライン学習”として、「eライブラリアドバンス」によるデジタルドリルや、家庭学習システム「みんなの学習クラブ」により、家庭のインターネットから、小中学校の全学年の学習プリントと、アニメーションの動画と音声によるわかりやすい動画解説を利用いただいています。あわせて、インターネット環境がないご家庭については、各学校で各児童生徒に応じた学習プリントを提供しています。

5月31日(日曜日)までの臨時休校の延長を受け、家庭で過ごす児童生徒の学習をより一層支援するため、次のとおり、オンライン学習用の動画配信の一層の充実に努めます。

市内教員による教科別動画の配信

4月28日(火曜日)から、まずは中学3年生に向けて、国語、社会、数学、理科、英語の5教科の教材解説動画(学習ポイントや身につけたい力に焦点をあわせたもの)を配信します。

動画は、1本3~5分程度を予定しており、各学校の教員が工夫をこらしてわかりやすくお伝えします。休校期間中に、教員による授業動画を見て、学校が再開したときに子どもたちがスムーズに学校生活に入れることを狙いとしています。ぜひ、ご覧いただくようお願いします。

今後のスケジュール

市は、学校再開に向けて、子どもたちが学習習慣を整えながら、自分で計画的に学習に取り組みやすいように、動画配信計画を作成し、近日中に公開します。

5月11日(月曜日)から15日(金曜日)に、中学校1・2年生の5教科、小学4~6年生の算数の動画配信を予定しています。同期間に学校で配布する課題等とあわせて、総合的に学習を進めていただくことを狙いとしています。

※インターネット環境のない児童生徒には、換気やアルコール消毒など感染防止対策を講じたうえで、学校のコンピュータ教室を利用いただくことを検討していきます。そのため、家庭のインターネット環境の調査をさせていただきます。

ドリル等の学習教材やプリントの配布

5月11日(月曜日)から15日(金曜日)までの間に学校で課題等を配布します。配布する際は、学習の仕方等を示したプリントも配布します。

5月11日(月曜日)の配布以降は、2週間程度を目安に新しい課題を学校で配布します。

※具体的な登校方法や時間は、各学校から配信メール等で連絡いたします。

※感染症対策を実施したうえで、密集しないように工夫いたします。

家庭で、学習プリントを利用可能に

家庭学習システム「みんなの学習クラブ」により、家庭のインターネットから、教科書に対応したプリント(小学1年~中学3年生)と、プリントがわからないときにみることができる動画解説が利用できます。

また、インターネット環境や印刷環境が整っていないご家庭につきましては、プリントを配布できるよう準備しますので、学校に連絡してください。

保護者の皆様には、学校からの配信メールで、「みんなの学習クラブ」にログインするためのIDとパスワードをお知らせしますので、ぜひご利用ください。

家庭で、デジタルドリルを利用可能に

eライブラリアドバンス」により、家庭のインターネットから、小学1年~中学3年生の教科のドリル問題がご利用いただけます。解説教材によって要点をおさらいするなど、児童生徒一人ひとりの習熟度に応じたドリル問題を反復学習することができます。

パソコンやタブレットだけでなくスマートフォンにも対応しています。

保護者の皆様には、学校からの配信メールで、「eライブラリアドバンス」にログインするためのIDとパスワードをお知らせしますので、ぜひご利用ください。

休校中の家庭学習に役立つインターネットサイト

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために臨時休校となっています。家庭で過ごす時間が長く、学習面でどんなことに取り組むといいのか困ることもあると思います。そんなときに、家庭学習の参考として、「役立つインターネットサイト」と「家庭学習で取り組むと良いこと」をとりまとめましたので、ご活用ください。

動画視聴が中心のサイトもあります。通信料やネット環境に気を付けていただくよう注意してください。

家庭学習で取り組むと良いこと

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 学校教育課 学校教育係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1165 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから