不育症について

更新日:2017年08月31日

不育症とは

厚生労働省科学研究班の調査・研究によると、「不育症」とは、妊娠はするけれど、2回以上の流産・死産もしくは生後1週間以内に死亡する早期新生児死亡によって、結果的に子どもが授からない場合をいいます。

「不育症」は、まだあまり知られていませんが、専門医療機関で検査と適切な治療をうけることにより、不育症患者さんの8割以上の方が、子どもを授かることが報告されています。

相談窓口のご案内

愛知県不妊・不育相談センター

愛知県では、名古屋大学医学部付属病院に委託して、専門医師やカウンセラーなどの専門家による「不育」や「不妊」についての無料相談窓口を設けています。医学的なこと、医学的でないこと、どんなことでも一人で悩まないで、お気軽にご相談ください。(相談無料、年末年始・盆・祝祭日等はお休み)

電話相談(専用電話番号:052-741-7830)

相談はカウンセラーが中心です。

  • 毎週月曜日は、午前0時30分から午後3時30分まで
  • 毎週木曜日は、午前10時から午後1時まで
  • 第1、第3水曜日は、午後5時~午後8時まで

面接相談(予約電話番号:052-741-7830)

予約が必要です。予約は、電話相談時間中に受け付けています。医師とカウンセラーから選ぶことができます。

医師による相談
  • 毎週火曜日、午後4時から午後5時までと午後7時から午後7時30分まで
カウンセラーによる相談
  • 第1、第3月曜日は、午後4時から午後5時まで
  • 第2、第4木曜日は、午後1時30分から午後2時30分まで
場所のご案内(名古屋大学医学部付属病院)
  1. JR中央線、鶴舞駅(名大病院側)下車徒歩3分
  2. 地下鉄鶴舞線、鶴舞駅下車、4番出口徒歩8分

小牧市保健センター保健師・助産師による相談(電話:0568-75-6471)

「まだ、専門相談窓口に相談するのは気が引ける・・・」という方、まずは、保健センターへお気軽に、ご相談下さい。

相談時間:午前8時30から午後5時15分(年末年始・祝祭日は除く)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0568-75-6471 ファクス番号:0568-75-8545

お問い合わせはこちらから