小型家電の出し方について

更新日:2017年09月01日

小型家電について

平成28年4月より、これまで対象とならなかった木や繊維の複合物も金属類として排出いただけます。

対象となる小型家電

  • 電気、電池で動くすべてのもの(電話機、ファクシミリ、ゲーム機、プリンタ、リモコン、炊飯器、掃除機など)。
  • 木や繊維の複合物も小型家電の対象となります。
    例:ホットカーペット、木製スピーカー、電動のぬいぐるみなど
(注意)使用済みの電池は対象ではありません。

対象とならないもの

  • 家電リサイクル法対象機器(テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、冷凍庫、衣類乾燥機)
  • パソコン・携帯電話
  • 粗大ごみ(縦・横・高さのいずれか一辺が60センチメートル以上のもの)

排出方法

  1. 資源用収集袋に入れて、資源回収場所へ出してください。
  2. 60センチメートルを超えないもので、袋に入りきらない場合は、資源用収集袋(緑袋)を被せたり、テープで貼るなどして出してください。
(注意)
  • 石油ストーブは、灯油を完全に抜き、乾電池を外して、資源用収集袋に入れて出してください。
  • カセットコンロは、ガスボンベ、乾電池を外して資源用収集袋に入れて出してください。

その他

  • 炊飯器は内釜と本体、掃除機はノズル等と本体に分ける必要がなく、それらを一括して金属類として排出できます。
  • 60センチメートルを超えないもので、袋に入りきらない場合は、資源用収集袋(緑袋)を被せたり、テープで貼るなどして出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 ごみ政策課 ごみ減量推進係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1187 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから