お探しの情報を検索できます

検索の使い方はこちらをご覧ください

犬・猫の去勢避妊について

更新日:2021年01月01日

飼い犬及び飼い猫飼い主のいない猫の去勢避妊手術を行うとき、市から補助があります。

飼い主のいない猫の補助金について、令和5年4月1日以降に実施される手術から申請方法が変更となりました。

詳しくは、飼い主のいない猫去勢避妊手術補助金についてまとめた概要をご覧ください。

補助金交付条件

飼い犬及び飼い猫について 
  • 補助金交付申請者が小牧市内に住所を有すること。
  • 補助金交付申請者が小牧市内で所有する犬又は猫であること。
  • 犬については、登録及び最新年度の狂犬病予防注射を受けていること。
飼い主のいない猫について

市内に生息する飼い主のいない猫を一時的に保護し、動物病院にて去勢又は避妊手術を受けさせる市内在住の方

(注意)補助は予算の範囲内での受付となっております。そのため、年度の途中であっても補助が終了する場合がありますのでご注意ください。

令和5年度 飼い主のいない猫去勢避妊手術補助金の執行状況について

令和5年度予算 3,680千円

※執行率79%(令和6年1月末現在)

補助金の上限額

  • 飼い犬
    避妊 3,500円、去勢 2,500円
  • 飼い猫
    避妊 2,500円、去勢 1,500円
  • 飼い主のいない猫
    避妊 20,000円、去勢 11,000円

 

申請方法

飼い犬及び飼い猫について

動物病院一覧に掲載されている動物病院で手術実施前に申請の手続きを行い、手術を受けてください。

 

飼い主のいない猫について

下記の申請書兼請求書を記入の上、必要書類を添付し、手術実施後に市へ提出してください。

詳しくは概要をご覧いただき、環境対策課までお問い合わせください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 環境保全係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1136 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから