CNG車について

更新日:2017年08月31日

CNG(CompressedNaturalGas)車とは、圧縮天然ガス車(一般的に「天然ガス自動車」と言われる)のことです。

近年、自動車の排気ガス等が原因となって、地球温暖化や大気汚染等の問題が引き起こされています。また、自動車の燃料はほぼ100%を石油に依存し、石油の約90%は輸入に頼っていることから、将来的なエネルギーの安定供給に不安が生じています。

こうした問題が起きているなかで、登場したのがCNG車です。CNG車は、家庭で使用されている都市ガスと同じ「天然ガス」を燃料としていることから、排気ガスはとてもクリーンであり、その上、低騒音・低振動なので、とても環境にやさしい車です。

CNG車の特徴として、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出が一般のガソリン車に比べて約20%少なく、また、大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)の排出も一般のガソリン車に比べて大幅に少なくなっています。なお、CNG車には、黒煙がまったく排出されないという特徴もあります。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 環境保全係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1136 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから