レジ袋辞退率のご報告

更新日:2018年06月04日

レジ袋辞退率

レジ袋辞退率一覧

 

レジ袋ない・ない君のイラスト

レジ袋削減にご協力ありがとうございます!!

小牧市レジ袋削減協議会参加事業者によるレジ袋削減実績

レジ袋有料化を実施しなかった場合と有料化実施後の比較

レジ袋有料化を実施しなかった場合

レジ袋有料化実施前の辞退率(27.2%)(下の注意1を参照)を現時点に換算したもの
調査方法 対象 対象期間 レジ袋辞退率 レジ袋枚数 石油換算 二酸化炭素換算
店舗による実数調査 市内10事業者12店舗 平成29年4月~平成30年3月 27.2% 6,712,457枚(下の注意2を参照) 107,311リットル 357,704キログラム

(注意1)有料化実施前の平成20年2月に市内スーパー7店舗にて実施したマイバッグ持参率。

(注意2)受け取った人(72.8%)×平成29年度の12店舗レジ総客数×1.2(平均購入枚数)で試算。

 

レジ袋有料化実施後

レジ袋有料化実施後の調査
調査方法 対象 対象期間 レジ袋辞退率 レジ袋枚数 石油換算 二酸化炭素換算
店舗による実数調査 市内10事業者12店舗 平成29年4月~平成30年3月 91.0% 1,035,347枚 18,947リットル 63,156キログラム

実施しなかった場合と実施後の比較

  • レジ袋辞退率 63.8%増
  • レジ袋枚数 マイナス4,828,655枚
  • 石油換算 マイナス88,364リットル
  • 二酸化炭素換算 マイナス294,548キログラム

レジ袋削減による効果

ドラム缶3本のイラスト

原油をドラム缶の数で表すと、約442本分削減!!

3本の木のイラスト

CO2の量を、吸収する杉の木の本数で表すと、約21,039本植えたのと同じ!!

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 政策推進係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1181 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから