市長の動き平成26年8月

更新日:2017年08月31日

24日 総合防災訓練(小牧西中学校)

総合防災訓練の様子

総合防災訓練で山下史守朗(しずお)市長があいさつをしました。

小牧西中学校で、地震災害に対する防災体制の確立や、防災に対する関心の高揚と防災思想の普及を目的に小牧市総合防災訓練が行われました。

この日は、「平成26年8月24日午前7時30分、根尾谷断層、岐阜・一宮線直下型地震が発生し、小牧市では震度7を観測した」との想定で、小牧西中学校区民・生徒・市・消防団・小牧警察署・陸上自衛隊・東邦ガス・中部電力・愛知県トラック協会・市社会福祉協議会・土木建設協会などから、約1 ,500人が参加しました。

23日 中学生タウンミーティング(市役所)

中学生タウンミーティングの様子

中学生タウンミーティングに出席し、中学生らと「こまきの“いいね”を探してみよう」をテーマに意見交換を行いました。

桃陵中学校、篠岡中学校、光ケ丘中学校から各8名ずつ集まった生徒24名が中学生タウンミーティングに参加しました。

生徒たちは「小牧市には美味しいものがたくさんある」「スポーツ関連の公共施設が充実している」などの意見を出し、自分たちの体験や調べたことなどを交えながら、大人顔負けのプレゼンテーションを行いました。山下市長も一つ一つ丁寧に答えるなど、和気あいあいとした意見交換となりました。

15日 戦没者追悼式(市民会館)

戦没者追悼式の様子

戦没者追悼式であいさつし、献花を行いました。

市民会館で戦没者追悼式が行われました。遺族など約400人が参列し、戦没者の霊を慰めました。 式典では、山下市長が主催者を代表して、「私たちは今日の平和で豊かな社会が先の大戦における数多くの尊い犠牲の上に築かれているものであることを忘れてはなりません。私たちはここに諸霊が愛されたふるさと小牧の魅力をいっそう輝かせ、未来へとつないでいくために誠心誠意努力してまいることをお誓い申し上げます」と述べました。

9日 第59回愛知県消防操法大会の様子(市総合運動場)

第59回愛知県消防操法大会の様子

第59回愛知県消防操法大会であいさつしました。

天候はあいにくの雨でしたが、小牧市も出場したポンプ車操法の各分団は、送水、伝令、注水、指揮役に分かれ、ポンプ車から駆け出し迅速な手順でホースを接続すると、離れた場所にある目標に向かって勢いよく放水し、目標時間内に迅速・正確・安全に行動できたかどうかなどを競いました。

6日 ベトナム・ロンアン省代表団表敬訪問代表団(市役所)

表敬訪問の様子

ベトナム・ロンアン省代表団表敬訪問を受け、あいさつし、意見交換を行いました。

ベトナム・ロンアン省人民委員会委員長のド・フユ・ラム氏をはじめとするロンアン省の官民合同の代表団16人が,小牧商工会議所を通じ、経済交流のため、8月4日~8日の日程で小牧市を訪れました。

5日 高校生タウンミーティング(小牧高校)

高校生タウンミーティングの様子

高校生タウンミーティングに参加し、高校生らと「まちの魅力を考えよう」をテーマに意見交換を行いました。

小牧高校の1年生から3年生までの計12名の生徒が参加しました。高校生タウンミーティングは、これからの小牧市を担う若い世代である高校生に、市政に触れる機会を設け、自らを取り巻く環境への関心を高めるとともに、若者世代の意見を聞く機会として開催するもので、昨年度に引き続き、2回目となります。

4日 第1回こまきイベント検討委員会(市役所)

委員会の様子

第1回こまきイベント検討委員会であいさつしました。

パネルディスカッション「イベントによる地域創造~みんなで高めよう!小牧の地域力~」が開催され、市民、市職員ら95名が参加しました。

今年度設置された「こまきイベント検討委員会」の第1回委員会として開催されたもので、同委員会は、昨年の小牧山城築城450年記念事業の開催を契機に、小牧市のイベントやまつりの目的、課題の整理を行い、今後のイベントやまつりのあり方や方向性についての検討を行っていきます。

4日 安養市相互交流事業結団式 (市役所)

結団式の様子

安養市相互交流事業の結団式に出席し、あいさつをしました。

未来を担う児童が互いの文化や習慣の違いなど、国際的な相互理解を深めることを目的として平成10年度より行われている安養市相互交流事業の結団式が行われました。

派遣団は市内の小学6年生4人、5年生4人と引率者(教諭)2名の計10名で、8月6日(水曜日)から10日(日曜日)までの4泊5日の日程で安養市に派遣されました。

児童は安養市児童の家庭にホ-ムステイし、安養アイスリンク体験や南山タワー見学などの韓国文化に触れるとともに、練習を重ねた歌やハングルを披露し交流を深めました。

1日 交通死亡事故多発に伴う緊急アピール行動(市役所)

緊急アピール行動の様子

交通死亡事故多発に伴う緊急アピール行動で、あいさつしました。

7月22日、23日および30日に市内で相次いで交通死亡事故が発生し、本年の交通事故死亡者が5名(前年5名)となったことにより、小牧市役所本庁舎北側ロータリー付近の敷地において緊急アピール行動を実施し、市職員、市議会議員、交通委員長、警察関係者ら150人が集まりました。

1日 名鉄バス路線「間内・岩倉線」の出発式(名鉄小牧線間内駅)

出発式の様子

名鉄バス路線「間内・岩倉線」の出発式に出席し、あいさつしました。

名鉄バス「間内・岩倉線」は、間内駅、岩倉駅から「南外山地区」、「市之久田地区」、「北里地区」、「藤島地区」へのアクセス向上を目的に、小牧市が名鉄バス株式会社に対し開設を要請した路線です。この路線を検討するにあたって、昨年10月に前述地区を対象にアンケートを行った結果、回答者の8割近くの方が「開設したら利用したい」との回答を受けて実現しました。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 秘書係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1100 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから