市長の動き平成26年7月

更新日:2017年08月31日

26日 小牧平成夏まつり(市民会館および小牧駅周辺)

小牧平成夏まつりの様子の写真

小牧平成夏まつりで山下史守朗(しずお)市長があいさつをしました

小牧平成夏まつり、小牧七夕まつりが7月26日・27日の2日間で行われました。
まつりは小牧戦国少女隊の元気な歌と踊りで華々しくスタートし、その後18台の行灯山車が、勇壮な太鼓の音や華麗なパフォーマンスとともに市民会館から小牧駅東メロディーパークまで練り歩きました。

5日 第64回「社会を明るくする運動」小牧市民大会(市公民館)

第64回「社会を明るくする運動」小牧市民大会の様子の写真

第64回「社会を明るくする運動」小牧市民大会に出席し、あいさつしました。

公民館講堂で第64回「社会を明るくする運動」小牧市民大会が開催され、小牧保護区保護司会や小牧市更生保護女性会などから約450人が参加しました。この運動は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生についての理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする法務省主唱の全国的な運動です。

3日 ジュニアデビスカップ男子日本代表高校生表敬訪問(市役所)

表敬訪問の様子の写真

表敬訪問を受け、激励の言葉を贈りました。

ジュニアデビスカップ男子日本代表の千頭昇平さん(誉高等学校1年生)が市長を表敬訪問しました。千頭さんは4月28日~5月3日にマレーシア・クチンで開催された「ジュニアデビスカップ・アジア/オセアニア予選(男子16歳以下国別対抗戦)の決勝で第1シードの韓国と対戦し、第4シードの日本が2-1で勝利し優勝を果たしました。この結果、9月に行われる世界大会(メキシコ・サンルイボトシ)にアジア・オセアニア地区1位として出場します。

2日 協会けんぽ愛知支部との「小牧市民の健康づくりの推進に向けた包括的連携事業に関する協定」の締結式(市役所)

締結式の様子の写真

協会けんぽ愛知支部と「小牧市民の健康づくりの推進に向けた包括的連携事業に関する協定」を締結しました。

この協定は、市と全国健康保険協会(協会けんぽ)愛知支部との間で、市民の健康づくりを包括的に連携・協力して進めていくことを目的に締結されました。

この協定のねらいは、平成26年度の小牧市独自の人間ドック創設の際に、協会けんぽ加入者のうち、被扶養者を対象とし、国民健康保険者等と同様に、市内各医療機関に申し込むことで人間ドック受診を可能とし、受診対象者を広げることで、特定健診およびがん健診の受診率を向上させ、生活習慣を見直すきっかけとして健康づくりを増進し、疾病の早期発見、早期治療につなげていくことです。

1日 消防操法大会出場消防団激励会(岩崎中学校)

激励会の様子の写真

激励会に出席し、あいさつしました。

岩崎中学校で第59回愛知県消防操法大会に出場する小牧市消防団第3分団に対する激励会が行われました。山下市長から「市としても、消防団の意義を伝えられるよう協力していきます。日頃の訓練の成果を存分に発揮し、その勇姿を披露してください」と激励しました。その後、今回出場の安藤勇二さんら6人による操法展示(出場種目であるポンプ車操法の披露)が行われました。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 秘書係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1100 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから