市長の動き平成24年7月

更新日:2017年08月31日

30日 寺本明日香選手応援パブリックビューイング

寺本明日香選手応援パブリックビューイングの様子の写真

寺本選手が居住する地域の南部コミュニティーセンター(ふらっとみなみ)にて、ロンドン五輪体操女子の団体予選に出場した寺本明日香選手(本市在住)を応援するパブリックビューイングに参加しました。
朝4時からという時間にもかかわらず、会場には約80人の市民らが集まり、寺本選手の出番を見守りました。
日本代表は段違い平行棒、平均台、床、跳馬の順で4種目を行い、寺本選手が最初の種目である段違い平行棒の1番手として登場すると、会場は皆固唾を飲んで見守りました。そして、寺本選手が次々と技を決めると、静かな会場が一転、拍手や歓声に包まれ、日の丸が振られました。

28・29日 小牧平成夏まつり

小牧平成夏まつりでのあいさつの様子の写真

第24回小牧平成夏まつり、第44回小牧七夕まつりが7月28日夜から行われ、小牧平成夏まつりに出席し、開会式であいさつを行いました。これらは、29日夜も行われます。
「小牧平成夏まつり」は、小牧市の友好都市である北海道八雲町の山車行列を参考に平成元年から始まりました。伝統的な武者絵からアニメキャラクターまで、様々な趣向を凝らした行灯山車が、勇壮な太鼓の音や華麗なパフォーマンスとともに、今年も市民会館から小牧駅東メロディーパークまで約1.3キロを練り歩きました。
「小牧七夕まつり」は、小牧駅西周辺の商店街が中心となって開催し、歴史がある祭りです。ラピオ南西路上で和太鼓の演奏なども行われました。

27日 小牧土木建設協会との災害時協定の締結式

小牧土木建設協会との災害時協定の締結の様子の写真

市役所公室にて小牧市と小牧土木建設協会との災害時における応急対策業務に関する協定の締結式が行われました。
山下史守朗市長は「小牧土木建設協会が有する専門性を生かし、災害時に市内の被災を最小限に食い止めるとともに、復興に協力いただけることを心強く思います。災害が起こる前に十分話し合いを行うとともに、普段の訓練にも参加いただきたいです」と話しました。

25日 ダンススタジオVOYAGE 世界大会出場報告

ダンススタジオVOYAGEに激励費を渡す様子の写真

市役所公室において、現地時間8月1日~5日にアメリカのラスベガスで行われる、HIPHOPダンスの世界大会「WORLD HIPHOP CHAMPIONSHIP」に日本代表として出場する、「ダンススタジオVOYAGE」の3チームのメンバー12人と石井直子代表が山下市長を訪問しました。
3チームは今年3月に東京で行われた「JAPAN HIPHOP CHAMPIONSHIP2012」において、予選を通過し日本代表として出場が決定したものです。
山下市長は「世界大会の出場は、小牧の子ども達にとっても、夢が描ける素晴らしいことだと思います。本番では持てる力を発揮して悔いを残さないように頑張ってきてください」とあいさつしました。

24日 小牧駅前観光案内所開所式

小牧駅前観光案内所開所式でのあいさつの様子の写真

小牧駅前観光案内所開所式が行われました。平成25年に織田信長が小牧山に城を築いて450年になります。これを契機に、より観光情報の発信を強化するため、この度、小牧駅前に観光案内所を開設する運びとなりました。観光案内所では、小牧の観光情報の拠点として来訪者に小牧の見どころやイベント情報を提供していきます。
開所式では、山下史守朗小牧市長が「本日、観光案内所を新たに設置しました。この場所を拠点として小牧の観光をPRしていきます。小牧は小牧山を初め、大変多くの地域資源に恵まれています。その貴重な地域資源をPRしながら、地域振興につなげていくために、ぜひ皆さんの力を貸していただきたいと思います」とあいさつしました。

18日 鈴木幸子氏から車椅子が寄贈されました

鈴木幸子氏と市長の写真

市役所公室において、市内北外山在住の鈴木幸子氏から車椅子が寄贈されました。

18日 ライオンズクラブから時計塔が寄贈されました

寄贈の様子の写真

市役所公室において、小牧ライオンズクラブから時計塔が寄贈されました。

17日 自治基本条例のあり方研究会議

会議の写真

市役所404会議室において、自治基本条例のあり方研究会議に出席し、研究会議の趣旨を説明しました。

12日 安養市相互交流事業結団式

結団式の写真

友好都市である安養市との交流を前に市役所本庁舎で結団式が行われ、安養市を訪問する児童らを激励しました。結団式では、山下市長が「自分から積極的に挨拶し、声をかけ、一歩前へ踏み出すことが大切です。安養市の友達と仲良くなって、お互いを理解、尊重し、素晴らしい実りのある交流になるよう願っています。健康管理には十分気を付けて、明るく元気に楽しんできてください」と訪問団を激励しました。

12日 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座の写真

市役所大会議室で、市職員を対象に認知症サポーター養成講座が行われ、59人が参加しました。
山下史守朗市長が「この講座で認知症に対する正しい知識を身につけて、高齢者が安心して暮らしていけるまちづくりに向かって努力してほしい」とあいさつし、受講生として参加しました。

12日 第1回小牧市地域協議会市民会議

小牧市地域協議会市民会議の写真

市役所第4会議室にて第1回地域協議会市民会議が開催されました。
この地域協議会市民会議は区より広域で効率的かつ効果的に地域活動を展開し、地域住民や地域団体等の協働により安心して暮らし続けられるまちづくりの推進を目的とする地域協議会の創設等に関して調査検討するために設置されました。会議では、区長会、福祉関係、学校関係の代表など、普段地域で市民活動に携わっている方に参加してもらい、地域協議会の制度設計などを行います。
初めに、会議の冒頭で山下市長から委員に委嘱状が交付されました。
また山下市長はあいさつで「新たな地域づくりのために地域協議会が必要であり、制度設計などについて」、会議の意義について各委員に対して話しました。

12日 第41回消防救助技術東海地区指導会の結果報告

結果報告の写真

市役所公室で、第41回消防救助技術東海地区指導会の結果報告がに行われました。
この大会は、愛知・岐阜・三重県内の救助隊員が日頃の訓練成果を競うもので、小牧市消防署救助隊は陸上の部1種目、水上の部3種目に出場しました。
その結果、水上の部で複合検索及び水中検索救助で優勝し、8月7日東京都江東区(東京辰巳国際水泳場)で開催される第41回全国消防救助技術大会に東海地区の代表として出場することになりました。
山下市長は「全国大会出場おめでとうございます。是非、頑張ってきてください」と激励しました。

8日 新庁舎竣工式

新庁舎竣工式であいさつをする市長の写真

小牧市新庁舎の竣工式が行われ、来賓や関係者約270人が出席しました。
竣工式は中部フィルハーモニーによる弦楽四重奏で開式し、山下市長は「新庁舎は「人と環境にやさしい親しまれる庁舎」を基本理念とし、市のシンボルである「小牧山」の歴史や景観との調和を図りながら、防災拠点として、また市民の皆さんが利用しやすく気軽に立ち寄れる庁舎として建設を進めてまいりました。この新庁舎が市民の皆さんとともに築く小牧市の、市民自治の拠点として、末永く愛されること願います」とあいさつしました。

6日 第30回 八雲山車行列

八雲山車行列であいさつをする市長の写真

第30回八雲山車行列に出席し、開会式であいさつを行いました。

4日 県公館を訪問しました

日本特殊陶業の知事訪問の写真

県公館で、日本特殊陶業の知事訪問に同席しました。
日本特殊陶業は、小牧市内に工場を新設するにあたり市が5月から施行した「小牧市内企業再投資促進補助金制度」の第1号の申請案件となり、この日、この補助金制度と連携する県の「産業空洞化対策減税基金」に基づく補助金制度の利用を申請しました。

2日 ワイアンドット市の訪問団が市長を表敬訪問しました

表敬訪問の写真

姉妹都市であるアメリカ・ワイアンドット市の訪問団が小牧市役所を訪れました。訪問団は、ワイアンドット市ウィルソン中学校教諭ジェンナ・マリー・ウォータース氏を団長とし、引率者1名、中学生7名(女6名、男1名)の総勢9名です。
山下市長は「小牧市民を代表して歓迎いたします。自国とは違う日本の文化に触れ、自分の常識にはない文化の違いを理解することは、とても良い刺激を受け、すばらしい経験になると思います。最後まで楽しんでください」と歓迎の挨拶をしました。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 秘書係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1100 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから