市長の動き平成23年4月

更新日:2017年08月31日

20日 ワイアンドット市派遣団結団式

ワイアンドット市派遣団結団式の様子の写真

場所 市役所

18日 JICAボランティア帰国後の表敬訪問

JICAボランティア帰国後の表敬訪問の様子の写真

場所 市役所

15日 JAより軽自動車寄贈(市役所)

JAより軽自動車寄贈の様子の写真

JA(尾張中央農業協同組合)から軽自動車2台の寄付を受けました。

JAの野村組合長と安藤常務理事の2名により小牧市へ軽自動車2台が寄贈されました。これは、地域の実態に応じて、優先的に対応する必要がある交通事故対策について尾張中央農業協同組合が、自治体と連携し、様々な施策を実施することで、交通事故防止及び交通事故被害者の救済・社会復帰に資することを目的とし行われたものです。
野村組合長は、「市が公用車として広く利活用することで交通安全を啓発し、交通事故のない安全な地域づくりを目指して欲しい」と話しました。山下市長は、「ありがとうございます。大切に使いたいと思います」とお礼を述べました。

13日 区長委嘱状交付式(勤労センター)

区長委嘱状交付式の写真

区長委嘱状交付式に出席して、委嘱状を交付し、あいさつをしました。

交付式では、全区長(128区)を代表して、春日寺区長の塚原勝さんに山下史守朗小牧市長から委嘱状が手渡されました。
この後、長年にわたり区長として活躍いただいた18人(当日出席12人)に感謝状と記念品が贈られました。
山下市長は「これからの行政を進めるには、地域の力を基盤とし、地区の行政への参画が必要です。区長の皆さまには1年間、地域でもリーダーシップを発揮いただきご支援ご協力をお願いします」とあいさつしました。

7日 いなざわ植木まつりキャンペーンレディ表敬訪問(市役所)

いなざわ植木まつり表敬訪問の様子の写真

いなざわ植木まつりキャンペーンレディの表敬訪問を受けました。

稲沢市の国府宮神社参道及び境内で4月17日(日曜日)~29日(金曜日)の13日間行われる「第39回いなざわ植木まつり」のPRのため、出店者役員やキャンペーンレディーら総勢7人のキャラバン隊が訪問しました。
2人のキャンペーンレディーが、ポスターとジャネット・ワードの鉢植えを山下史守朗市長に手渡し、対談では「市内の植木生産者約30件が出店し、植木の展示販売をはじめ、苗木の配布、植木のセリ市や野菜・特産物の販売など多彩な行事を盛り込んでいます」と植木まつりのPRを行いました。
山下市長は、「いなざわ植木まつりが成功するようお祈りしています。小牧市も信長のゆかりの地である小牧山など観光のPRに力を入れていきたいと思います」と話しました。

2日 小牧市女性の会総会(ラピオ)

小牧市女性の会総会の写真

平成23年度小牧市女性の会総会に出席し、あいさつしました。

2日 さくらの会総会(市役所)

さくらの会総会の写真

小牧さくらの会総会に出席し、あいさつしました。

総会は会員約100人が参加しました。会の冒頭で、会長の千田美和子さんが「今年は(震災を考慮し)懇親会は控えたが、植樹だけでなく皆で懇談することも目的です。昭和39年に設立し、47年続けてこられたことに感謝します」とあいさつ。その後、山下市長が「誠に残念だがさくらまつりを中止しました。来年一層華やかなまつり、総会をできるといいと思います。小牧山のさくらが憩いの場として栄えていくよう心から祈念します」とあいさつしました。

1日 辞令交付式(市役所)

辞令交付式の様子の写真

辞令交付式に出席し、あいさつしました

午前9時から、1日付けで異動した272人のうち、課長職以上12人と新規採用職員73人を対象に、市役所で辞令交付式がありました。
最初に、山下史守朗小牧市長から部長、次長、課長一人ひとりに辞令が手渡され、新規採用職員には、職種ごとの代表者に辞令が手渡されました。この後、新規採用職員の代表として、企画部秘書課の伊藤未来が服務の宣誓を行いました。
市長は「行政に期待されることは大きい。慣習は少しずつ見直しする必要もある。改革と創造の市政実現に向け柔軟な発想で挑戦してほしい。」と訓示しました。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 秘書係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1100 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから