平和首長会議

更新日:2017年08月31日

小牧市は、平成27年6月1日付けで「平和首長会議」加入しました。

 平和首長会議は、世界の都市が緊密な連携を築くことによって、核兵器廃絶の市民意識を国際的な規模で喚起し、核兵器廃絶を実現させるとともに、人類の共存を脅かす飢餓、貧困、難民、人権などの諸問題の解決、さらには環境保護のために努力することによって世界恒久平和の実現に寄与することを目的としています。この趣旨に賛同する都市(自治体)で構成された機構です。

 広島市・長崎市は1945(昭和20)年8月、原子爆弾の投下により、一瞬にして廃虚と化し、数多くの尊い命が奪われました。原子爆弾は、戦後70年以上経過した現在でも、放射線による後障害や精神的な苦しみを多くの市民に残しています。このような原子爆弾による悲劇が二度と地球上で繰り返されることのないよう、1982年に両市は一貫して世界に核兵器の非人道性を訴え、核兵器の廃絶を求め続け、設立しました。

 現在、世界161カ国・地域7,095 都市の賛同を得ています。(2016(平成28)年7月1日現在)

関連リンク

平和首長会議バナー画像
この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 秘書係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1100 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから