確定申告と市・県民税の申告はお早めに

更新日:2019年02月01日

申告会場

市公民館

開設期間

2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)

※土・日曜は開設していません。ただし、2月24日(日曜日)と3月3日(日曜日)に限り開設します。

開設時間

午前9時~午後5時(受付終了時間:午後4時)

※会場の混雑の状況により、案内を早めに終了する場合があります。

※申告会場開設期間中は、税務署内及び市役所では、申告書の作成指導は行っていませんので、ご了承ください。

申告・納税期限

所得税及び復興特別所得税・贈与税の申告・納税

平成31年3月15日(金曜日)

個人事業者の消費税及び地方消費税の申告・納税

平成31年4月1日(月曜日)

申告方法等

所得税及び復興特別所得税は、納税者自身が所得と税額を自分で正しく申告し、納税する「申告納税制度」をとっています。

会場においては、「確定申告の手引き」などを参照してご自身でパソコンや手書きにより申告書を作成していただきます。

申告書は、国税庁ホームページで作成できます

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で、申告書を作成することができます。

所得税の確定申告書作成コーナーに、給与所得者又は公的年金所得者の方向けの申告書作成画面をご用意しています。初めての方でも操作しやすい画面となっておりますので、是非ご利用ください。

作成した申告書は、印刷して郵送等により提出できます。また、「e-Tax(電子申告)」を利用して提出することもできます。詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。

市・県民税の申告について

平成31年1月1日現在、市内に住所があり、次に該当しない方は所得金額の多少にかかわらず市・県民税の申告をしてください。

1.所得税及び復興特別所得税の確定申告をした方

2.給与所得のみで勤務先から給与支払報告書が市役所へ提出されている方

3.所得が公的年金のみの方(医療費控除、社会保険料控除、扶養控除などの控除を受けようとする方は申告が必要)

年金受給者の方へ

公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合は、確定申告をする必要はありません。(※)

ただし、確定申告をしない場合であっても、市・県民税の申告が必要な場合があります。

公的年金等の源泉徴収票に書かれていない控除(医療費、地震保険料など所得から差し引くもの)がある方は、市・県民税の申告が必要となります。

※平成27年分以後は、外国政府等から支給を受ける公的年金等など、源泉徴収制度の対象とならない公的年金等の支給を受ける人は、この制度の適用はできません。

医療費控除について

平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

●医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります。

(税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりません。)

●医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。

(医療費通知とは、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などです。)

●平成29年分から平成31年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。

特定配当等に係る所得及び特定株式等譲渡所得について

特定配当等に係る所得及び特定株式等譲渡所得(※)については、市・県民税の納税通知書送達前までに確定申告書または市・県民税申告書を提出いただかないと、市・県民税の課税対象として算入できませんのでご注意ください。また、損益通算や繰越控除についても同様です。

※市・県民税が源泉徴収されている上場株式の配当所得や譲渡所得等のことを言います。

 

写真撮影無料!マイナンバーカードの申請をお受けします

この記事に関するお問い合わせ先

◆市県民税申告については

市民生活部 市民税課 市民税係

小牧市役所 本庁舎2階

電話番号:0568-76-1182(直通)

ファクス番号:0568-75-5714

◆確定申告については

小牧税務署

電話番号:0568-72-2111(代) (自動音声案内に従い「0」を選択してください)