小牧市完全週休2日制工事の試行について

更新日:2020年07月13日

建設業界では、若手や女性技術者の確保・育成や、企業及び労働者の労働環境改善が重要な課題となっております。企業や労働者の労働環境改善に向けた意識向上を図るとともに、建設業の完全週休2日への更なる普及を促進し、より働きやすい職場環境にするため、小牧市が発注する建設工事では、完全週休2日制工事の試行を実施します。

対象工事

次に掲げる条件を全て満たす工事の中から発注者が指定したもの(公共建築工事費積算基準を適用する工事を除く。)。

  • 現場条件等により工期の延期が生じかねない不確定な要素又は数量が増減する要素が少なく、完全週休2日制工事の実施が可能な工事
  • 設計金額が2,000万円以上の工事
  • 工程が現場の条件に大きく制約されない工事
  • 緊急を要しない工事

 完全週休2日制工事の対象となる工事につきましては、原則として工事名の末尾に「(完全週休2日制工事)」を追記し発注します。

工事成績評定

要領に基づき完全週休2日制工事の取組を達成した工事は、工事成績評定において評価します。