福祉用具貸与に伴う例外給付確認申請書類について

更新日:2017年08月31日

平成18年4月1日より、要支援1、要支援2及び要介護1の方(以下「軽度者」という。)の福祉用具貸与については、その状態像から見て使用が想定されにくい「車いす」、「車いす付属品」、「特殊寝台」、「特殊寝台付属品」、「床ずれ防止用具」、「体位変換器」、「認知症老人徘徊感知機器」、「移動用リフト」及び「自動排泄処理装置」(以下「対象外種目」という。)は原則として貸与ができません。(自動排泄処理装置のみ、要介護2、要介護3の方も原則として貸与できません。)しかしながら第95号告示第二十五号のイで定める状態像に該当する者については、軽度者であっても、その状態像に応じて利用が想定される対象外種目について貸与が可能です。

また、平成19年4月1日より、上記の要介護認定データに基づく方法を原則としつつも、「医師の意見(医学的な所見)」に基づき判断され、サービス担当者会議等を経た適切なケアマネジメントの結果を踏まえていることを市が確認しているものであれば、例外給付が認められるようになりました。

下記の申請書をダウンロードし、書類を整えて小牧市役所までご提出いただくようにお願いいたします。

申請時に必要なもの

  • 福祉用具貸与に伴う例外給付確認申請書
  • 医師の医学的な所見に基づき判断できる意見書
  • 医学的所見に基づき福祉用具が特に必要であると判断できるサービス担当者会議の要点

申請書様式のダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 介護保険課 給付指導係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1153 ファクス番号:0568-76-4595

お問い合わせはこちらから