私の住んでいる家屋は、年々古くなっていきますが、なぜ家屋の税額は下がらないのですか。

更新日:2017年08月31日

家屋の固定資産税は、必ずしも年々下がるわけではありません。

家屋の評価額は、「再建築価格」に「経年減点補正率」を掛けて求めます。そして、その評価額は、3年ごとに見直し(評価替え)を行いますが、その際、家屋の再建築価格を求める基礎となる資材価格や労務費などの建築費用は、現在の建築物価によることとされています。

家屋が古くなった場合でも、評価替えの時点では、現在の建築物価により再建築したものとして計算されるため、建築以後の建築物価の上昇が大きい場合には、建築後の家屋の経過年数に応じた経年減点補正率を掛けて求めた評価額が、前年度の評価額を上回ることがあります。その場合は、前年度の評価額に据え置くこととされています。

このようなことから、家屋の固定資産税は、必ずしも年々下がるわけではないのです。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 資産税課 家屋係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1177 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから