史跡小牧山整備に伴う管理道の廃止と発掘調査の実施について(お知らせ)

更新日:2019年10月01日

小牧山南麓の小牧市役所前バス停西側から桜の馬場へ通じる管理道部分(下図参照)について、今後、旧市役所本庁舎跡地で整備した土塁や堀と、小牧山城史跡情報館(れきしるこまき)の南側に伸びる土塁や堀とをつなぐ史跡整備を予定しています。

そのため、令和元年10月7日(月曜日)より管理道を廃止し、管理道の舗装面や照明塔、フェンス、樹木等の撤去工事を順次開始します。

撤去工事終了後の予定としましては、廃止する管理道下の土塁や堀等の残存状況を確認し、整備工事の設計を行う資料を得る目的で発掘調査を行います。そして令和2年度以降に整備工事のための実施設計書の作成や整備工事を行い、令和3年度末までには整備を完了させる予定です。

10月7日(月曜日)以降、整備工事が完了するまでの間の小牧山南側から桜の馬場や山頂へのアプローチは、史跡公園南側入口や大手口からとなりますので、ご理解とご協力をお願いします。